バズビーズチェアという呪いの椅子があるらしい

シェアする

イッテQで「バズビーズチェア」というのが出て来たらしく、私には新語なので印象に残りました。
テレビは見てなかったけどタイムラインで見かけたので。

なんで話題になるのかな?と思ってググったところ、「バズビーズチェア」は座った人が死んでしまう呪いの椅子とのこと。

バズビーの椅子という名前ですが、バズビーとは、妻との結婚に反対した義父を殺害して絞首刑になった人物です。
死刑になる前に椅子に座った人を呪ったそうで、その後300年の間にその椅子に座った61人が全員短い間に死亡しているとの言い伝えがあります。
不吉な椅子なので今では博物館で、誰も座れないように宙づりになっていています。

▼こちらのブログに写真付きのレポが
ヘタリアで有名な“座ったら死ぬバズビーズチェア”を実際に見てきた:カフェオレ・ライター

▼こちらには座って死んじゃった人たちの話が
No.114 座った者を死に招く呪いのイス「ザ・バズビー・ストゥープ・チェア」

で、こんな歴史ネタがなぜ有名かというと「ヘタリア」のせいらしいです。
高校生の頃、世界史選択だったからこのコミックがあれば受験勉強が楽だったかも…?
でも、大人になってから読んでみたらあまり入り込めなかったのですよね(たぶん知識が記憶から抜け落ちてるから)。
受験勉強時代に読みたかったなぁ。

シェアする

フォローしてね